りんごやSUDA

TEL:0267-88-4195

八ヶ岳の麓、標高900mの高原で、リンゴとプルーン、リンゴジュースを40年前より有機肥料と減農薬栽培で生産しています

 

日照時間は果樹栽培に適した地域では一番長く、年間降雨量は900㎜以下と乾燥し、標高900mの涼しい気候の中で栽培しています。標高が高いため寒暖の差が大きく、実のしまった果実が生産できます。八千穂高原のテロワールをたっぷり吸収した果実達は、実が締まり甘みと酸味が濃く香の量も多い果実になります。「リンゴの木のオーナー制度」は大変ご好評をいただいております。


〈おすすめ〉  
りんご(秋映、紅玉、シナノスィート、サンふじなど) リンゴジュース(ジョナ&紅玉MIX・サンふじなど) プルーン(サンプルーン・プレジデント・オータムキュートなど) 

シードル Le Jus de Pomme (ル ジュ ドゥ ポム) 

プルーンとりんごのリキュール


地元のギフト-南佐久のギフトに出品しています

「THE信州」2016年秋号で紹介されました

町民キッチンオンラインショップ

りんごやSUDA WEBサイト

J&J アップル草間

TEL:0267-86-4652

J&Jアップル草間では、8月下旬からプルーンの摘み取りができます

 県下でもプルーン摘み取りのできる農園は少なく、リピーターも多く訪れる。観光農園を始めて30年以上になる農園主・草間和幸は、「お客さんそれぞれに、お気に入りの木があって、思い思いに摘んでいかれますよ」と言う。茂来山の麓のなだらかな斜面には、総面積1万坪の果樹園が広がり、ドッグランもあります。


〈おすすめ〉  果物狩り 果樹園で作ったジャム、ジュース、フルーツソース 新鮮な果物 (すぐり・あんず・ブルーベリー・プルーン・洋なし・りんご)


地元のギフト-南佐久のギフトに出品しています


《さくほるチャンネル~アップル草間編》【観光農園の挑戦】魅惑のフルーツクリエイター

applekusama.jpg

須田農園

TEL:0267-88-2684

高原の太陽と涼しさとがおいしい果実と野菜を育む

 

 家々が両側から迫る国道141号線から西に少し上がったところに、須田農園のプルーン畑がある。国道からほんのわずかな距離なのに、空が大きく広がり、燦々と太陽の光が降り注ぐ別世界だ。「この日照があって、しかも降雨量が少ないから、プルーンの栽培に適しているんですよね。昼と夜の寒暖差が大きいから、甘味も強くなるんです」と農場主・須田清が言う。

 この地の果樹農家は、お正月が明けると早速酷寒の中で枝の剪定を始めます。リンゴやプルーンは5月には白い花をつけ、やがて実がなり始めます。成長した実は、摘果といって少量のみを残し摘んでしまいます。全て手作業でおこなうため、栽培には膨大な手間と技術、経験を要します。須田農園がこの地でりんご、プルーンの栽培を始めてから50年。有機肥料を主体に減農薬で栽培し、「須田さんの果物はおいしいね」、がいつも励みになります。両親、私たち夫婦、子供達、お手伝いいただくご近所の方々、笑顔いっぱいの農園です。

〈おすすめ〉  
プルーン(サンプルーン、サマーキュート、オータムキュートほか)加工品(ジュース、ジャム、ドライプルーン)


地元のギフト-南佐久のギフトに出品しています

町民キッチンオンラインショップ

須田農園 WEBサイト

中島農園

TEL:0267-86-2221

当農園では、りんご180a、プルーン40aを栽培。また養蜂(アカシア)も行っています

 

 栽培方法にもこだわり、減農薬、減化学肥料等、高品質な果実づくりを目指しています。農産加工品では、当農園のこだわり果実を原料にしてリンゴジュース(品種別)、プルーンジャムを加工しています。数量に限りがありますので、TEL確認のうえご予約してください。


〈おすすめ〉    
りんご、プルーン、はちみつ、りんごジュース、プルーンジャム

川上プルーンランド

TEL:050-3496-4293

 横浜から移住して、佐久高原でプルーン栽培をしています

 佐久地方は、日本でのプルーン栽培の発祥の地です。昼と夜の温度差が大きいため、甘みの乗った美味しい果実が実ります。樹上で完熟させた生プルーンを宅配でお送りします。

平成25年10月26日「人生の楽園(テレビ朝日)」で紹介されました!

▲PageTop