きたやつハム

TEL:0267-88-3986

いい水とこだわりの技が作る極上のベーコン・ハム・ソーセージ

 

 古典的なドイツの製法にこだわり、肉に塩をすり込む「乾塩法」は肉本来の味をより一層引き出す。ロースハムは塩水に漬けこむ「湿塩法手巻き」で、ジューシーに仕上げる。合成着色料、保存料などは使わない。スモークにはブナのチップのみを使う。柔らかな香りは、素材と製法に自信があるからこそ。高原で育つ豚は、病気になりにくく肉の締まりもいい。そして、北八ヶ岳の湧き水が、製造には欠かせない。「少量ずつ手間ひまをかけて作るので、効率はよくありませんが、本当においしいものを食べてほしいと思うんです」と、きたやつハム社長の渡辺敏は言う。パーティーやバーベキュー用に、ハムやベーコンを大きな塊のまま買うこともできるし、20㎏からオリジナルのウインナー製造も委託できるそうだ。

 豊かな自然と大地が人を育み、人を惹きつけ、人々はその恵みを享受しながら果実や野菜を育て、おいしものを作り、より多くの人と分かち合う。そうして、幸せが巡ってゆく。

町のレストランで食べられるきたやつハムメニュー

「THE信州」2013年冬号で紹介されました

▲PageTop